映画

仕事帰りに「ツレがうつになりまして。」を観て来ました。

本当は、来週ゆっくり時間のある時に見たかったのですが
ふいに観たくなり、レイトショーに駆け込み、ギリギリ間に合いました。

売れない漫画家で、マイナス志向のなまけもののハルさん(宮崎あおい)と
几帳面で家事好きな夫、ツレ(堺雅人)。
ツレがうつ病にかかってしまうのですが、ふたりで一緒に乗り越えて行く、
素敵な素敵なラブストーリーでした。

私たち夫婦と重ねて観てしまい、終始泣きっぱなし。
性格も状況もすごく似ているところがあって、泣かないわけがない。。
ちなみに私も旦那もうつ病ではありませんが。

ハルさんとツレの優しい会話に泣き、ハルさんとお母さんの会話でも泣き、
ハルさんが「描きたいものを描くんだ〜」と飼っているイグアナを描いてるとこでも泣き、
ハルさんが「ツレがうつになりまして、仕事をください」って
出版社にお願いしに行ったところでは、もう、ボロ泣き。

泣いてない時は無かったんじゃないか、ってくらい、ずっと泣いてました。
おかげで、帰りにトイレの鏡で見た自分の顔は、
それはそれはひどかったです。。びっくりしました。。

ハルさんが「うつ病になったツレを恥ずかしい、って思って
今まで他人に言えなかったけど、ツレがうつになりまして、仕事をください、
って言えて、嬉しかった」というようなセリフがあるのですが

誰よりも、世間体や年齢や、数年前からの持病を気にしているのは、
私自身なんだなぁ、と映画を観て、気付きました。
いや、ずっと前から気付いていたけれど、考えないようにしていたんだと思います。
それを理由に諦めてしまうことが多くて
そうすれば、自分がラクだったからなんだと思います。

年齢と経験を重ねるほど、いろんなことを考えすぎて
過去に苦い想いをした自分に戻りたくないから
いろいろなことに臆病で、慎重なのかもしれません。
結婚をして、大事なものが増えた分、
守りたい思いもあって、踏み出せないのだとも思います。

映画を見終わったあと、やりたいこと、今やってみようかな。と思えました。
北欧旅行も、ヨガも、まだ挙げていない結婚式も、
あれも、これも、それも、今からでも遅くないし、早くもないのかなぁ。と。


[PR]
Commented by たしまかな at 2011-10-30 10:05 x
「ツレうつ」私も最初からかなり泣いてました。
私は、満員電車の中でハルコが「毎日こんなに大変だったんだね。頑張ってたんだね。」のようなことを言った時が一番泣いてました。

適度にお客様の悪口を言ってうまくストレスを発散してる同僚に、ツレが「お客様の悪口はいわない」って言うとことか・・・。(最初のシーン)

私も自分達と重なるとこが多く、(うちも2人ウツではありませんが、タイプ的&状況的に似ていたので)色々と考えさせられるとことがありました。

私が観た時は初日だったので、上映の後、監督さんと脚本家さんがお話をしに来てくれました。

現場ではあおいちゃんと堺さんは老夫婦のようで、仲良く本を読んでいたり、あおいちゃんはたまに編み物をしたりしていたそうです。

本当、あの2人似合いますよね。
Commented by unokana at 2011-11-01 20:46
>かなちゃん
わぁ、お返事遅れてごめんね。コメントありがとう!

初日に観に行ったんだね〜。あおいちゃんと堺雅人の夫婦は
本当に素敵だよね。微笑ましい。「篤姫」も観てたから、余計に。

いろんなシーンで、あちこちすすり泣くのが聞こえてきたから、
みんな、何かと重ねて観てるんだろうなぁと思ったよ。

日常に起こる、いろんな悩みを上手く描いているなぁ、と思いました。
感情移入しやすい内容になっているよね。
うつ病は、誰にでも起こりうる病気だ、ってことがすごく伝わってくる映画でした。

しかし泣きすぎて、翌日どっと疲れちゃった(笑)

by unokana | 2011-10-29 01:59 | 日々のこと | Comments(2)

仕事のこと日々のことブログ


by unokana
プロフィールを見る
画像一覧